So-net無料ブログ作成

円周率は3? 3.14!

 2002年の、いわゆる「ゆとり教育」の始まりとされる学習指導要領の改訂で、小学校算数科で扱う円周率について、円周の長さや円の面積を求める計算については、「円周率を3として計算させてもよい」ということになりました。このことが、マスコミの誇張、誤報によって、「小学校では円周率を3と教える」と誤解され、反ゆとり教育へ進むきっかけともなりました。しかし、この時代も、円周率は3.14だったのです。 
 では、円周率を3で計算することの、どこが都合悪いのでしょうか。例えば、学校の段階が上がり、算数科が数学科に変わると、円周率も数字を使うのではなくπという記号を使うようになります。そうなると、3.14をかける計算はしなくなります。また、ずっと昔に、石油コンビナートで働いている社員さんに聞いたことがあるのですが、管の口径は直径で表されているので、断面積の計算をするときには直径×直径×0.785で計算するそうです(今は定かではありませんが)。要するに、円周率=3.14こだわる場面は非常に少ないということが分かります。強いて言うなら、円周率を3で計算すると、その円に内接する6角形の周りの長さと等しくなってしまうということぐらいです。また、小数のかけ算が身に付かないのではないかと不安視する考えもあるにはあったようです。
 もちろん、ゆとり教育においても、円周の長さを求める公式は直径×3.14でしたし、円の面積を求める公式は半径×半径×3.14でした。ただ、実際に計算して求める場合には、問題に「円周率を3として求めましょう」という断り書きがありました。小数のかけ算のスキルを上げることは計算領域の学習時に任せて、計算スキルの低い子でも、整数の計算にすることで正答率を上げ、子ども達に自信を持たせ、興味を持続させることが、基礎基本を身に付ける重要な要素になっていたのではないでしょうか。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。