So-net無料ブログ作成

T教諭に捧ぐ⑥

 勤務校が、創立30周年を迎えることになりました。当時の周年行事は、PTA会費の積み立て金ばかりではなく、バザーなどを行い、ある程度余裕のある資金の中で記念事業を行っていました。そこで浮上したのが、地域をテーマにした周年行事とし、余剰教室を利用して「郷土資料館」を作り、周年の冊子も、3年生の社会科の副教材になるものを作ろうというものでした。もちろん、T先生の提案でした。
 バブル期を迎え、以前、農家を営まれておられたおうちも、家の建て替えが進んでいました。納屋も建て替えの対象となり、そこに残された民具や農具も、どんどん廃棄されていく時代でした。わずかに残された農地も売却され、住宅やマンションに変わっていきました。「こんなときだからこそ、廃棄される道具を学校に集める部屋が必要だ。聞き取り調査や、写真撮影も今しかできない。」T先生は、いつもこう語っておられました。
 T先生は、主として郷土資料館の担当をされました。私は、冊子の担当です。この、冊子の編集についても、その元となったのは、T先生がこれまでの勤務校で3年生の児童に配られた手書きの副教材でした。
 郷土資料館の当初の計画では、教室の形状は変更せず、集まった道具を、床面に展示するというものでした。全て、教職員の作業で行う予定でしたが、T先生の人柄からでしょうか、地域の大工さんを始め、いろいろな職人さんが現場を覗きに来てくださいました。当然、手に覚えのあるみなさんですから、すぐにプロジェクトチームができあがりました。せっかく集まった道具をどのように見せればいいのか、基本設計からやり直しです。教室前後の黒板を取り払い、棚なども全て撤去し、66㎡×2.5mの完全な空間ができあがりました。 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。